地下水解析ソフトウェア Visual Modflow Flex

地下水解析ソフト

Visual Modflow Flex

地下水解析ソフト Visual Moflow Flex

Visual MODFLOW Flex は、3次元の地下水流動および熱・物質輸送モデリングの業界標準ソフトウェアです。

Visual MODFLOW Flexは、 地下水の流れと汚染物質輸送のための業界標準のコード、 必要不可欠な分析とキャリブレーションツール、 そして見事な3D可視化機能を一つの環境に集約しています。 Visual MODFLOW Flexには、水質、水供給、水資源保護などの問題解決に有効なツールが含まれています。

  • ●MODFLOW- 地下水流動モデリングの世界標準コード- 広域-局所間シミュレーションのための限定領域のグリッド細分化コード
    1. (MODFLOW-6,MODFLOW-2000, 2005, NWT,MODFLOW-USG,MODFLOW-SURFACT)
  • ●SEAWAT - 物質および熱輸送とカップリングした3次元可変密度の地下水流動コード
  • ●MT3DMS - 物質輸送シミュレーションの標準パッケージ
  • ●MODPATH - 前方および後方への粒子追跡の標準パッケージ
  • ●Zone Budget - 部分領域の水収支計算パッケージ
  • ●PHT3D - 飽和多孔質媒体における3次元の多成分-反応性輸送モデル(溶質輸送モデルMT3DMSとUSGSの地化学的コードPHREEQC-2のカップリング)
  • ●PEST - キャリブレーションと感度解析の自動化プログラム
●シミュレーション前の地下水システムの概念モデルの構築

地層構造、 水理地質特性、 および境界条件はすべて、 モデルのグリッドまたはメッシュの外で設計されます。 このため、離散化手法を適用して数値モデルに変換する前に、 地下水システムの解釈を柔軟に調整することができます。

●最小限の事前処理によるモデルの構築

グリッドに依存しないデータを使用することで、 既存の GIS データを最大限に活用し、 グリッドやメッシュを設計する前に物理的な地質や地理的な条件を取り入れることができます。

●広域及び局所スケールモデルの生成とシミュレーション

MODFLOW-LGR のサポートにより、概念モデル環境内で直接、関心領域の周辺に局所グリッドを設計することができます。広域モデルから計算された水頭は、局所スケールモデルの境界条件として使用することも可能です。

●正しいモデルをより速く設計

グリッドに依存しない生データはそのまま残され、データやプロジェクトの目的を修正する際に、グリッドセルやメッシュ要素 によって制約を受けることはありません。そのため、同じ概念モデルから複数の数値モデルを生成することが可能です。

●モデルデータの変更と変更結果の迅速な確認

概念モデル環境では、2D と3D の同時表示が可能で、データに変更が加えられるたびに更新されます。

Visual Modflow Flex 改良点

Visual MODFLOW Flex のバージョン9.0 では、以下の改良が施されています。

Visual MODFLOW Flex は、USGS が開発した地下水モデリングコードの最新コアバージョンであるMODFLOW-6 をサポ-トしています。

MODFLOW-6 は、3D 地下水流、溶質輸送、および様々なプロセスをサポートするように再設計されたフレームワークに基 づいており、すべて新しく、より読みやすい入力ファイル構造になっています。 Visual MODFLOW Flex では、以下のMODFLOW-6 フローパッケージがサポートされています。

●Simulation Packages
  • ○MFSIM.NAM - Simulation Name File
  • TDIS - Time Discretization
  • IMS - Iterative Model Solution

地下水流動モデル(GWF): 構造化有限差分グリッドまたは非構造化コントロールボリューム有限差分グリ ッド(ボロノイまた はクワッドツリー)を使用して飽和地下水流をシミュレートします。

  • GWF.NAM - 地下水流動モデル Name ファイル
  • DIS - 離散化パッケージ
  • DISV - 頂点による離散化パッケージ
  • IC - 初期条件(水頭)
  • OC - 出力制御パッケージ
  • NPF - ノード特性流パッケージ
  • STO - 貯留パッケージ
  • CHD* - 時間変化定水頭パッケージ
  • GHB* - 一般水頭境界パッケージ
  • EVT - 蒸発散パッケージ
  • RCH - 涵養パッケージ
  • WEL* - 井戸パッケージ
  • DRN* - 排水パッケージ
  • RIV* - 河川パッケージ

溶質輸送モデル(GWT): 構造化有限差分グリッドまたは非構造化コントロールボリューム有限差分グリッド(ボロノイまたはク ワッドツリー)を使用して、様々な収着、反応、不動領域モデルを含む地下水溶質輸送をシミュレートします。

  • MST 移動貯留移動パッケージ
  • DIS 離散化パッケージ
  • DISV 頂点による離散化
  • IC 初期条件(濃度)パッケージ
  • OC 出力制御パッーケジ
  • ADV移流パッケージ
    • DSP 分散パッケージファイル
    • MST 移動貯留移動パッケージ
    • IST* 移動貯留移動パッケージ
    • SSM ソースシンク混合パッケージ
    • CNC* 時間変化定濃度
    • SCR* ソース質量負荷パッケージ

マルチインスタンスパッケージ:MODFLOW-6 では、特定のパッケージ(上記* 印)のマルチインスタンスをシミュレーション に含め、それぞれのパッケージについて水収支と溶質収支を個別に追跡することができます。 ZoneBudget-6 への対応:MODFLOW-6 を用いた地下水流動モデルのサブリージョナルフローを評価 します。


エンジンとパッケージ

Visual MODFLOW Flex には、作業用エンジンおよび関連パッケージの以下の改良が含まれています。

  • ●データオブジェクトを使用してグリッドのアクティブあるいは非アクティブセルゾーンを割り当て、 点、ポリライン、ポリゴンデー タオブジェクトを使用して、有限差分グリッドワークフローのグリッドセルのactive/inactive フラグを設定することができます。
  • ● Classic Projects からMNW1 Wells をインポート: Classic Projects のMNW1 井戸モデルを使用した井戸 情報をVisual MODFLOW Flex にインポートすることができます。
  • ●非構造化グリッドの最小厚さ: 構造化されていないグリッドセルがグリッドから削除される最小セル厚を指定できるので、 ピンチアウト領域周辺のグリッド設計をよりコントロールすることができます。
  • ● MODPATH とSEAWAT:SEAWAT の流れ(および輸送)解析に基づいてMODPATH 粒子追跡シミュレーショ ンを実行することができます。
  • ●結果の比較: 同じ非構造化グリッドを使用した2 つのモデル実行の間で、水頭、水位低下、または濃度の結果を比較することができます。

パフォーマンス、ユーザビリティ、その他の強化

Visual MODFLOW Flex には、モデルを操作するための次のような改良が施されています

バージョン履歴は、Visual MODFLOW Flex のreadme ファイル(https:/www.waterloohydrogeologic.com/visualmodfl ow-fl ex-readme/) をご覧ください。

チュートリアル動画

1.データの準備

2. 概念モデルの入力

3.数値モデルへの変換・計算実行

4.グリッド評価

機能比較表

グレード別搭載機能

64ビットとマルチコアプロセッサの優位性を最大限活用することで、大きなモデルでもより速い計算が可能です。

Feature Comparison

Basic*ProfessionalPremium
FLOW ENGINES
MODFLOW-2000, 2005, NWT
MODFLOW-6 (Structured Grids)
MODFLOW-6 (Unstructured Grids)
MODFLOW-LGR
MODFLOW-USG
MODFLOW-SURFACT**Add-OnAdd-OnAdd-On
TRANSPORT ENGINES
MODFLOW-6
MT3DMS
RT3D
SEAWAT
MODFLOW-SURFACT**Add-OnAdd-OnAdd-On
UTILITIES
ZoneBudget
MODPATH
MOD-PATH3DU***
PEST
SAMG Solver (Serial)
SAMG Solver (Parallel)
GRID TYPES
Structured Finite Difference Grids
Local Grid Refinement
Unstructured (Voronoi and Quadtree) Grids
Multiple Grids
MODELING TOOLS
Modeling Scenarios in a ProjectJust oneUnlimitedUnlimited
Enhanced 3D Visualization
Conceptual Modeling
Compare results from multiple model runs
Build and run bigger models (Native 64-bit Support)
3D Animation and Movie Generation
FEFLOW Model Generation (.FEM file)

Visual Modflow Flex システム要件

システム要件

Visual MODFLOW Flexには、以下の最小ハードウェア構成が必要です。
サポートされるオペレーティングシステム: Windows 10 ProまたはEnterprise、Windows 11 ProまたはEnterprise

プロセッサ:32ビットまたは64ビット
ハードディスク:モデルを実行するのに十分な空き容量がある500 MBの空き容量 RAM:8GB以上が推奨*
ネットワークハードウェア:ネットワークカード(ライセンスに必要)

大きなモデルで作業する場合は、64ビット版のVisual MODFLOW Flexを使用し、RAMを最小要件以上に増やすことが推奨されております。

ソフトウェア要件

Visual MODFLOW Flexインストールパッケージには、以下のソフトウェア構成が必要です。
Microsoft .NET Framework 4.0 Microsoft Office(2000以降)。
Officeを持っていない場合は、Microsoft Access Database Engineをインストールする必要があります。

VMOD Q&A


サブスクリプションのライセンスはありません。ライセンスのタイプは以下の2つのご用意があります。

Hardware-base はUSBタイプのドングルキーを使用します。ドングルキーを使用すれば他のPCでも利用できます。

Software-base はドングルキーは不要ですが、インストールしたPCのみで利用可能です。


メンテナンス更新とは以下特典のことになります。

  • 主なソフトウェアの無償アップグレードおよびバージョン更新
  • 無制限の電話サポート
  • 無制限のE-メールサポート
  • エラー報告への優先的対応
  • バグ修正の更新
  • 文書類(ドキュメンテーション)の更新
  • 要望に応じたFTPサイトからのダウンロード
  • Eニュースへのあなたのプロジェクト公開
  • 新製品ベータ版への選択オプション
  • 年間メンテナンス更新のお知らせ

  • 新規購入のWHI製品のライセンスには1年間の無料メンテナンスが含まれています。

    ライセンス購入後1年を過ぎての上記特典をご希望の場合は、別途メンテナンス更新契約の購入が必要になります。 このメンテナンス更新契約が行われないと、新しいバージョンがリリースされた場合、お持ちのライセンからアップグレードするにはバージョンアップ料が発生します。 メンテナンス更新はユーザー様にとってソフトウェアを使用するうえで非常に有益ですので更新をお勧めいたします。

    株式会社レアックス  営業企画部

    製品に関する問合せは、お問合せフォームよりお問い合わせください。